朝日共販

メニューを開く

採用情報

人を知る

朝日共販のビジョンに共感し、働く社員たち。それぞれの分野で活躍する4人に、仕事に対する思い、そして未来を語ってもらいました。

「おいしいしらすを届ける全ての社員が気持ち良く働けるよう支えたい。」総務部 松本成美

おおらかで、働く女性にやさしい会社です。

もともと保育士をしていたのですが、結婚を機に、これからの働き方を見直すようになりました。将来的に出産し、子育てをしながら長く働ける仕事をしようと考え、事務職を中心に求職。そんな中で見つけたのが、朝日共販でした。魚が好きだったので事業内容にも魅力を感じましたし、何より地域に根付いた取り組みをされているところが一番の決め手でした。

総務部としては10名弱の社員が本社事務所に勤務していますが、そのほとんどが女性です。現在も産休・育休を取得している先輩方がおり、子育てをしながら働く先輩ママさんもたくさんいて、いろいろアドバイスをしてくださるのでとても心強いです。今後そのような働き方をしたいと考えている私にとって、先輩方はお手本のような存在です。

松本さんの総務部での仕事の様子

部署の垣根を超えて…「佐田岬の鬼」は家族

事務職として入社したので、配属されたのは総務部。最初は人事を担当しました。会社説明会など採用に関する業務や、新入社員さんのサポート、社員の皆さんのコミュニケーションツールでもある社内報の制作も担っていました。現在は経理として、伝票の作成やお客様からの注文書の確認などを中心に行っています。事務所では製造管理部、営業部の皆さんと顔をあわせることが多く、仕事の上でもミスのないよう、なるべく密にコミュニケーションをとるようにしています。また、社員は地元の方が多く、フレンドリーで温かい雰囲気も朝日共販の特長ではないでしょうか。妹のように、娘のように気さくに接してくださるので、つい甘えてしまうこともありますが、本当に恵まれた環境だと感じています。

事務の仕事は、縁の下の力持ち。事業の要である漁師さん、工場で働く方々、営業さん、皆さんが気持ちよく仕事に集中できるような環境を整えることが私たちの重要な仕事です。周りへの気配りを大切に、女性ならではの目線で朝日共販を盛り上げていけたらと思っています。

松本さんの総務部での仕事の様子

Career Step

2014年
朝日共販株式会社入社
総務部に配属。人事を担当。
2015年
総務部内で人事から経理担当に。

1日の流れ

8:15
出社
職場の掃除、事務用品の補充など業務前の準備。
8:30
朝礼、仕事開始
前日の伝票を確認し、入力する。その都度、来客対応。取引先からの注文書・郵便物の確認。
11:30
休憩
12:30
午後の業務
午前中から引き続き、伝票の入力や注文書の確認などを行う。コピー用紙など事務用品の在庫を管理し、必要に応じて手配。
17:00
退勤

Private

松本さんのプライベートでの様子

休日は外に出てリフレッシュすることが多いですね。高校時代の部活仲間と集まって食事をしたり、旅行も好きなので京都や大阪、東京に遊びに行ったりしています。

ページトップへ戻る