朝日共販

メニューを開く

会社情報

CSR

朝日共販では、社会に対して責任を果たし、社会とともに発展していくための活動として自然に感謝し、漁師が森を育てる「朝日エコプロジェクト」を進めています。

漁師が育てる森。森が育てる海。

朝日共販 環境方針の紹介イラスト

漁師が森を守る「朝日エコプロジェクト」

昔から、漁業者たちは、魚介類を増やすために、海岸・川辺、湖岸の森林を守らなければならないことを良く知っていました。豊かな森は、雨水を土壌の中に蓄え、栄養をたっぷり含んだ良質の水を、川から海へ供給するはたらきをしています。この栄養分によって、海藻やプランクトンが増え、多種多様な魚が健康に育ちます。森からの豊富な恵みがあるからこそ、ここ宇和海でも、美味しいしらすが育つのです。

佐田岬の豊かな自然に恵まれた環境を後世に残すため、まずは自分たちのできることからはじめよう。そんな思いから「朝日エコプロジェクト」を立ち上げました。

●風倒木の除去と間伐を継続的に実施し、適切な生育環境の保全を行い、森林再生を図る。

●地域住民の方々の協力のもと、沿道の草刈りや、台風で打ち上げられたゴミの回収などを行うクリーンビーチ(海岸清掃)活動。

海の恵みに感謝し、森が海にとって大切であることを考え、漁師自身が海を守る。森の中で行う活動は、漁師たちにとって心の拠り所となり、いいリフレッシュにもなっています。

漁師が森を守る「朝日共販の森」

大漁桜の植樹

朝日共販の環境方針

私たち朝日共販株式会社は、「地球環境を保全し次世代に残す」を最重要課題と考え、『朝日エコプロジェクト』の活動と共に、水産加工・販売が環境に及ぼす影響を認識して以下の「環境方針」を定めました。

  • 1.環境目的・目標を定め定期的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的改善に努める。
  • 2.CO2の削減、省エネルギーの推進、廃棄物の軽減化を図り環境汚染の予防に努める。
  • 3.環境に関する法規制、当社が同意するその他の要求事項を遵守する。

この環境方針を全従業員及び、関与する人々に周知徹底すると共に、理解・実施できるよう、教育・啓発活動を推進していきます。

朝日共販 環境方針 イメージ写真 森林

MSC認証エコラベル取得に向けて

漁業関係者、水産関連企業、環境保護団体などと手を携え、持続可能な漁業を推奨している国際的組織・MSC(Marine Stewardship Council)。環境に最も配慮した水産物の選択を推進しており、それらに積極的に取り組んでいる水産物製品へのMSCエコラベル認証を行っています。朝日共販では、世界への市場開拓を見据え、MSCエコラベル取得を目指しています。漁業者として環境に配慮した漁業をしっかりと管理。漁業振興に努めて参ります。

ページトップへ戻る